帝国ホテル東京 サール 日比谷


a0283025_17345051.jpeg
帝国ホテル東京の本館17階「インペリアルバイキングサール」の朝食ビュッフェ





a0283025_17352111.jpeg


会社は本日から夏休み。つい嬉しくなってビーチサンダルで朝食会場へ。
コードチェックにドキドキしておりましたが、ドーゾドーゾと中へ。
さすがインペリアルと名乗るだけのことがある、懐が深い。
(お客さま帽子はお取りくださいと諭されます、基準が難しい・・)


a0283025_17355116.jpeg


昨今の外資高級オラオラ系ホテルのエッジの効いたモーニングとは違います。
こちらの朝食は味、ビジュアルとも地味なものでございます。
昔ながらの安定したメニューであり、飽きのこない定番ものです。


a0283025_17361006.jpeg

店員さんはチラ見しただけで私のテーブルに飛んできます。
チラ見しなくても何度もいらっしゃいます。


a0283025_17365639.jpeg

隣のテーブルで食事しているのは九州から来られたとおぼしき母娘。
美味しい朝食をありがとうございます、と店員さんに何度も礼を言ってました。
なんかね、朝からあたたかい気分になります。
a0283025_17373031.jpeg

卵白の攪拌状態、たんぱく質の変性温度、フライパンの熱伝導率等を無視し
男の料理として、ちょっとデコボコしたオムレツを豪快に作ってくれます!

a0283025_17374516.jpeg

オムレツの味はシンプルで美味しい。
具はハムとオニオンをオーダー。


a0283025_17383146.jpeg

和定食はベネッセのままごとセットみたいで、萌えます。
(このお盆、超小さいから。笑えるから。)

a0283025_17385967.jpeg

a0283025_17391958.jpeg

a0283025_17393655.jpeg

「がんもどき」がドーンと鎮座。

a0283025_17404931.jpeg
私はここの肩肘をはらないアットホームな客層が好きです。

オニヤンマみたいなでっかいサングラスをした人もいないし、
朝からピーチのシャンパンをかたむけるような人もいません。

時代は変わっても、この雰囲気は変わらずに存在して欲しいです。
4,000円の朝食メニューに「がんもどき」があるようなホテルが
一つくらいあっても良い気がします。みんなが癒される空間ですよ。
a0283025_17412077.jpeg


by hotel-bar | 2016-08-05 17:33